車のホイール関連のマメ知識

2014年9月29日 / 未分類

車のタイヤはホイールと組み合わせて使用しますが、タイヤ交換のたびに軸を外すと作業工賃がかかるだけでなく、タイヤと軸それぞれの負担になります。

夏タイヤと冬タイヤを交換して使う場合には、毎回軸を外してタイヤを付け替え、外したタイヤだけを保管するよりも、軸をもう一揃え用意して、組み上げた状態で保管したほうがタイヤと軸、それぞれに、取り換え作業の際の負担が少なくて長持ちします。

ところで、高級車や、スポーツパッケージなどの特別仕様では標準装備でアルミがついていますが、それ以外は鉄の軸に樹脂のカバーを付けています。

夏タイヤのほうが冬タイヤよりも使用期間が長いので、新しく購入したアルミは夏タイヤに、標準の鉄の軸を冬タイヤにセットしておきたいところですが、冬タイヤに鉄の軸はお勧めできません。

降雪時には道路に融雪剤として塩がまかれている場合があり、鉄の軸では錆が加速する危険があります。冬タイヤを着ける=降雪地帯に行く可能性があることなので、冬タイヤのほうにアルミの軸を装着しておきましょう。

なお、タイヤ交換の間、強い日照の下で積み上げておくと、樹脂のひび割れなど、性能低下につながるので、保管サービスの利用がおすすめです。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る